10月23日玄関入口ドアをみんなで修理

10月23日の朝、台風21号の風と雨により玄関の入口ドアが外れて開かなくなってしまいました。先生が脚立を持って動かせるか試みましたが、だめでした。そこへ、実習生たちみんながきて修理をはじめました。先生が無理なら俺たちが、との意気込みで一緒にねじ回しなどをしました。部品を外し、ローラーを元に戻し、ドアを持ち上げ調節して取り付けをしました。少しぎこちない感じがしますが、直りました。さすがに実習生たちの息の合った作業でした。このセンターでは、みんなでやる、ということが浸透しています。このほかにも、ロッカーが倒れていたり、洗濯小屋の洗濯機がずれていたりで台風の後片付けが大変でした。しかし、みんなでやるところがすばらしいと思い、今後が楽しみになりました。